銀杏の樹の下で/2003

 樹高約30m、幹の周り約7m、太い枝から乳房のようなこ
  ぶをたらしていることから、子供ができない人は、このイチ
 ョウにお願いすれば子どもが授かるという言い伝えにより、
 いつしか、子授けイチョウと呼ばれるようになった

 黄葉のころは、さぞきれいなことだろう。

光泉寺の子授けイチョウ

和歌山県古座川町/樹齢約400年/町指定
2003.9.22
FUJI GA645



地面に着かんばかりの長さの乳こぶ。
今まで見た乳イチョウの中でも最大級の乳こぶ。


ここはお寺、大イチョウのそばでは六地蔵が見守っている。
大きくて彫りの美しい六地蔵だった。