銀杏の樹の下で

遠賀川のイチョウ

福岡県北九州市八幡西区/直方市

2000.12.6
FinePix


onga1.jpg (225169 バイト)
堤防上に立つ川端の大イチョウ。

onga3.jpg (180372 バイト)
日の出大橋たもとの大イチョウ。

onga2.jpg (151174 バイト)
赤い花とのコントラストが美しい興玉社の
イチョウ。

onga4.jpg (142267 バイト)

土手に座ってイチョウ越しに河原を見る。

晩秋の頃、遠賀川沿いの道を走っているとイチョウの木が目に付く。河口に近い水巻町の八剣神社直方市の花の木堰には、県指定天然記念物のイチョウがある。その他、県指定にはなっていないが、樹齢数百年と思われるイチョウが立っている。

北九州市八幡西区木屋瀬の遠賀川堤防には「川端の大イチョウ」がある。堤防の上を県道が通っていて交通量も多いが、イチョウの木をかすめるように大型車が走っていた。

「川端のイチョウ」がある県道をそのまま南下し、直方市に入ってすぐ左手の堤防下、興玉神社の境内には3本のイチョウがある。

さらに南下して日の出大橋を渡ってすぐ左手の土手にもイチョウがある。遠賀川越しに福智山系が見え、おとずれた時にはしきりに葉を落としていた。土手に座って何かをしている人がいるので近寄ってみると銀杏の実をむいていた。