銀杏の樹の下で

大山祇神社のイチョウ

北九州市小倉南区/樹齢不明/県指定
2000.6.8


 yamatumi.jpg (225017 バイト)

大山祇(おおやまつみ)の神は山をつかさどる神で、
伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の子とされていて、
大山祇神社は全国各地にある。

福岡県指定のイチョウがある大山祇神社は、北九州
市小倉南区呼野、旧国道322号線の呼野駅の近く
国道に面して鳥居があり、山手の方へ少し歩くとイ
チョウが見えてくる。

高さ約30m、幹の太さ約8m。台風で大枝が折れ
折れ口から入った細菌が増殖、内部の空洞化が進ん
でギンナンも実らなくなっていた。

地元住民が県や市に働きかけ、1995年から土壌
改良や人工樹皮を施すなどの治療を開始。その結果
樹勢は回復しギンナンも実るようになった。