蒸気機関車の復活

 山口線2003/冬から春へ

■C56初詣列車 03/1/2


津和野にて。CAMEDIA C-720UZ
1990年代に入って山口線からは足が遠のいていたし、正月
三が日に初詣列車が運転されることが少なかったので、久しぶ
りの初詣列車の撮影となった。

今回、C56がはじめて初詣列車をけん引する。客車のうち1
両が展望車への改造中のため、客車4両。峠越えの不測の事態
に備えてDD51の補機が付くこととなった。DLを隠すため
には線路端で真正面から撮影するか、俯瞰をするなら、出来る
だけ高い位置から正面で列車をとらえるポイントを選ぶ必要が
ある。

1月2日、下関のOさん、宇部のKさん、Fさんと宮野駅で待
ち合わせる。下りは、小河内トンネル前を仁保病院の裏山から
俯瞰する。撮影ポイントには、筆者、Kさん、Fさん、時々会
う室蘭ナンバーさん、そしてもう1人の計5人。ここは、秋か
ら冬にかけては日当たりが悪いうえに、線路を雲がさえぎって
しまった。

津和野転車台でC56をスナップし、牧ヶ野へむかう。下関の
Oさんは先に到着していて、すでに俯瞰ポイントへ登っていた。
少々道に迷ったが、俯瞰ポイントでOさんと合流。牧ヶ野トン
ネル飛び出しは日陰になっていたが、第1神田トンネル付近は
日がよく当たっていた。

大引越トンネル、小河内
トンネル間をゆく。
PentaxZ5p/28-300mm
TREBI400


第1神田トンネル、牧ヶ野トンネル間をゆく。
後方は雪の青野山。PentaxZ5p/28-300mm,TREBI400
雲がかかる前の[ふれあいパル]の画像

牧ヶ野トンネル飛び出し。
PentaxZ5p/28-300mm,TREBI400

■C57試運転 03/3/18



本運転を待ちきれずに試運転の撮影に出かけた。
編成は、C57−1+DD51−844+オハ12−703(大正風)+スハフ12−36。
下りは木戸山トンネル出口、上りは篠目直線で撮影。
上りの時刻まで4時間くらい待ち時間があったので、仁保の東方便山に登った。
山口線のそばにある山なので、もしかしたら俯瞰できるのではないかと期待したが、俯瞰は無理だった。
上り列車は煙がよくなかったので、下り列車のみ掲載した。

■山口線開通80周年 03/4/5 PentaxZ5p/80-200mm,RDPV


仁保・田代トンネル前。いつもより煙が細く
見える。

山口線開通80周年を記念し、4月5日、6日の2日間、C57が集煙装置をはずして走るという。集煙装置のないC571を見るのは久しぶりだった。

田代トンネル前の石垣付近には筆者を含めて5人、少し離れた所に3人、やまぐち号が走り始めた頃に比べると撮影者は少ない。ちなみに、津和野白井トンネル前の竹林には筆者を含めて3人、トンネル口には数人だった。



津和野転車台。春の日差しがまぶしい。
CAMEDIA E-100RS



津和野・白井トンネル前。風が強く煙が少しあおられる。


[
蒸気機関車の復活]