蒸気機関車の復活

やまぐち号のナンバープレートは、運行開始当初は赤で、しばらく緑、再び赤になった。6月重連のC56も赤ナンバーだった。今は、C56もC57も黒ナンバーである。思えば、緑ナンバーのC57が雪道を走っていた頃、人生のつらい出来事に遭遇していた。雪道を走るC57を見ると、その時のことを今でも思い出す。

やまぐち号の
ンバーレート



■赤ナンバーのC57・C58


1981.3.21
C57・C58重連が長門峡の築堤を駆ける。当時は運転開始初日が重連だった。


1982.5.1
雨の津和野第2神田トンネル前のC58・C57重連。


1982.5.30
長門峡をゆく旧型客車けん引のC58・C57。

■緑ナンバーのC57・C58


1983.5.8
田代トンネル(仁保側)前のC58。


1983.5.8
田代トンネル(篠目側)前のC58。


1984.3.4
なごり雪の徳佐をゆくC57。



1984.2.11 雪の津和野築堤をゆく緑ナンバーのC57。

■赤ナンバーのC56



1987.6.28
C56が重連の先頭に立って仁保地をゆく。


1987.6.28
徳佐の築堤をゆく。