蒸気機関車の復活 2001年山口線

■春〜仁保・徳佐 2001/4/2-3


やまぐち号の魅力は期待通りの煙。
仁保ー篠目 2001/4/4 PentaxMZ3/80-200mm

益田市の医光寺の枝垂桜が満開になったことを、新聞社のホ ームページが伝えていた。

益田まで山口線に沿った国道9号線を走る。
途中、仁保と徳佐に立ち寄って、久しぶりにやまぐち号に対面した。




田代峠に向けて驀進する。仁保ー篠目 2001/4/3 CAMEDIA E-100RS


残雪の十種ヶ峰山麓をやまぐち号が走る。徳佐ー船平山 2001/4/2 Pentax67/200mm

■真夏の重連〜長門峡・地福・津和野 2001/7/14

2001年夏は、山口きらら博の開催に合わせてやまぐち号の運転本数が大幅に増え、
6月のみならず7月もC56・C57の重連運転が行われた。


阿武川の鉄橋を渡るC57とC56。長門峡付近 PentaxZ5p/28-70mm


青々とした田んぼの中を重連がゆく。地福付近 PentaxZ5p/28-70mm


炎天のもと、黒煙を上げて軽快に走る。津和野ー船平山 PentaxZ5p/80-200mm

■秋から冬へ〜仁保 ・津和野・地福

今年も紅葉の季節をむかえた。例年のように、下関のO氏を誘って山口線へ出かけた。

午前8時、宮野駅で待ち合わせた。
下りは、田代トンネル前の直線を撮る予定であったが、O氏が新しい俯瞰ポイントがあるというので、仁保病院裏の山へ登ることにした。
紅葉が点在する山の下にレールが見えるなかなかいいポイントだった。

上りは、津和野牧ヶ野のZカーブが見えるポイントで撮影した。雲が出てかなり暗かったが何とか撮影できた。


仁保の大引越と小河内トンネル間を俯瞰する。2001/11/18 PentaxZ5p/80-200mm


紅葉の津和野・牧ヶ野をゆく。2001/11/18 Pentax67/165mm

2002年は、山口きらら博の開催に協賛して、やまぐち号の運転本数が大幅に増え、重連運転が7月にも行われた。
そして、めずらしく12月にも運転された。

下り列車は、地福駅近くの杉山から発車直後のやまぐち号を俯瞰した。頂上がとがった十種(とくさ)ヶ峰が遠くに見えていた。

上り列車は、約15年ぶりに津和野城址から俯瞰することにした。
往復450円のリフトでのぼり、さらに徒歩約15分で城址に到着する。
以前に比べて、家がかなり増え、棚田のほ場整理が進んで、長方形の棚田が増えている。


地福・初冬の野をゆく。2001/12/2 MamiyaC330f/105mm


津和野城址から2001年最後のやまぐち号を見送る。2001/12/2 MamiyaC330f/165mm

 
[蒸気機関車の復活]