赤間関街道

Index   Next
北道筋(1)萩市域〜三隅町域 04.9.11
DSC-F828
    
萩駅前の萩市濁淵で萩往還と分かれた赤間関街道北道筋は、山陰海岸のやや内陸部を西へ、長門市で北浦道と分かれ南下する。
豊田町、菊川町を経由して下関市小月で山陽道と合流する。
 
    
●桜江
萩駅前から北西へ橋本川沿いをゆき、玉江から南西へ国道に沿うように進む。
                                          

JR萩駅(大正14年、登文)

桜江渡し場付近。正面に指月山、右手が河添州崎。

●三見
地蔵峠を越えると三見。国道よりもかなり低い位置を旧街道が通っていて、鎖峠へ向けて上っている。
三見の集落は二つの峠にはさまれた谷底のような位置にあるが、海側が開けているので明るく開放感がある。
                                    

地蔵峠を下る。

三見集落の中心部、仁王堂跡。

べんがら塗りの民家。


三見市鎖峠線にかかる三見橋(大正3年、登文)


中道筋と三見市鎖峠線の合流地点から見た床並一里塚跡。

●鎖峠
三見から鎖峠へは国道の少し北を北道筋が通じているが、峠の頂上付近で国道と合流し、峠の下りにかかった先で山中に入る。
旧道は七曲八丁といわれた山道で、白拍子トンネルの先で大きく迂回してきた国道を横断し、追分川沿いを下り宗頭へ至る。
                                        

七曲の出口付近。夏草におおわれていた。
少し歩いてみたが、ほとんど踏み跡のない道
だった。

追分川沿いは田んぼ。一部ではすでに稲刈りが終っていた。

●三隅
宗頭からはまた国道に沿って西へ進むと三隅の中心部・市に達する。琴影橋を渡り三隅川沿いを進む。
                                           

三隅市の町並み。

三隅川にかかる琴影橋(大正6年)

●豊原、沢江
三隅市から豊原を経て沢江に至る。沢江をすぎ海沿いの道をゆくと長門市に入る。
                                                      

豊原の町並み。

沢江の鏝絵のある民家。


Index   Next