赤間関街道

Index   Next
北道筋(3)豊田町域 04.9.13 *istD
    
●地吉
長門市 と豊田町の境界は、かつての大津郡と豊浦郡の境界であり、県道沿いに郡境標示碑が残っている。郡境標示碑の先のカーブを曲がると、安徳天皇西市御陵墓に出る。北道筋は御陵墓の 西を南下していたが、今は豊田湖の中である。
                                        

郡境標示碑

安徳天皇西市御陵墓。右へ旧道は湖の中。

●大河内
豊田湖を通って木屋川ダムの先で旧道は大河内の集落に達する。大河内の「とうの岡」には昔ながらの道が残っていた。
集落の先で県道と合流する。
                                          

とうの岡の旧道。寛政年間造立の地蔵がある。

県道との合流地点から少し行くと「たらたらの滝」があり、地蔵がまつられている。滝は崩落防止の金網が邪魔でよく見えない。水量が少ないことから、「たらたら」と呼ばれるようになったのだろう。

●西市
楢原で東から来た肥中街道と合流し、西市に達する。西市で、肥中街道は西へ、北道筋は南へ分かれる。
                                             

脇本陣跡?

3階建ての旅館。

●手洗たらい、城戸
ほぼ県道に沿って南下し、手洗などのひなびた集落を通って、菊川町との境界近くの城戸に達する。木屋川が左に接近している。
                                                 

手洗の街道と家並み。

城戸の関所跡。むかいに「関所」という名の食堂。


Index   Next