赤間関街道

Index   Next
北道筋(4)菊川町域〜下関市域 04.10.6 *istD
    
●船場
北道筋は木屋川沿いを南下し、船場の集落に入る。船場の名は、近くにある桜井八幡宮の創建に関し、奈良大安寺の僧が宇佐八幡宮
からの帰途、この地に着船したことに由来しているという。
                                                

見事な石垣の桜井八幡宮。

明治23年(1890)建立の「右はぎ道」の道標。


昔風の民家が残る町並み。


寛政9年(1797)造立の地蔵。

●田部
さらに南下すると田部の集落。田部には築後100年を経た建物が数軒残っている。
                                           

むこうに見える吉冨家は安永2年(1773)建造で、建造当時のままだという。

庄屋屋敷跡には門扉だけが残る。

●赤岸堤
国道と合流した先に赤岸堤と猿田堤というため池がある。北道筋は堤沿いの草道で、猿田堤の先で行き止まりになっていた。
                                               

赤岸堤には蔵王権現(白山神社)の鳥居と庚申塔。

赤岸堤は時代を経て古池の風格がある。

●小月
国道沿いをさらに南下して小月に入る。小月で旧山陽道・赤間関街道中道筋と合流する。
                                                

延命寺の地蔵。

一里塚跡。

小月の町には白壁の民家も残っている。


Index   Next