赤間関街道

Index   Next
北浦道筋(2)湯谷町域 04.10.28
PENTAX*istD
    
●人丸
湯谷町に入り田園の中を進む。やがて、人丸峠にさしかかる。人丸の地名は、万葉歌人柿本人麻呂をまつった人丸神社に由来するが、人丸は明治以降の呼び名で、江戸時代は鯉ヶ原と呼ばれていた。
旧道は山陰本線を横断し掛淵川の土手を進む。

 

人丸神社下の坂道を下る。

掛淵川でシジミを採る人。

●札場(河原市)
掛淵川の土手を通って大坊川を渡り、山陰本線を越えて、札場の集落に入る。
札場を出ると国道沿いに進み、大江で左へわき道に入る。再び山陰本線を渡り、伊上の上り野の西光寺前で国道と合流する。


 

集落入口の地蔵。

札場の町並み。

●西光寺
浄土真宗西光寺は16世紀末の創建で、境内にある13本に椎の木巨樹群は町の天然記念物に指定されている。







 
 

●須方
須方で再び海沿いに出る。ここから見る油谷湾の風景はとても美しい。安永年間の銘が刻まれた地蔵を左へ、山陰本線のガードをくぐってしばらく国道からそれる。
やがて鉾崎峠を越えて、豊北町に入る。




 
 


Index   Next