赤間関街道

Index   Next
北浦道筋(4)豊北町域阿川ルート 04.10.28 *istD
04.11.1 EOS20D
    
●上市
粟野川を渡った先で国道を右にそれ馬路峠の旧道に入る。旧道は通行不能だった。再び国道と合流し前方に海が見えて来ると阿川の上市に達する。





















 

山頭火句碑「波音のお念仏が聞こえる」

善照寺前の街道。


阿川八幡宮参道のイヌマキ巨樹群(県指定)。


大曲の六地蔵。

●肥中
国道を左にそれて苅束峠を越え、国道と合流すると肥中。ここは山口市から西へ山口県西部を横断する肥中街道の終着点でもある。ここから特牛港まで、北浦道筋は肥中街道と重複する。






















 

阿川道 つくの薬師

旧街道沿いの民家。


誓念寺うらの石畳。


五輪塔に類似したものだろうか。

●和久
特牛で肥中街道と分かれ、右手に海を見ながら進む。やがて、和久の集落に達する。この集落は漁村だろうか、狭い路地で結ばれている。







 

和久集落から見える壁島、11月下旬に鵜が飛来する。

庄屋吉田家(現在は大野酒造場)の大きな建物。

●津波敷
長国道沿いを南下し、波原から山側へ国道をそれる。下田、寺川の集落をすぎて津波敷に入る。
津波敷の入口は5差路で、まっすぐ進めばすぐに国道に出る。旧道は左前方へ進む。
標高238mの杖坂山の
山腹の杖坂峠を越えて国道と合流し、さらに二見の先で滝部ルートと合流する。





































 

明治39年の道路改修寄付人碑。みんなでお金を出し合って道路を整備したのであろう、寄付金と寄付人の名前が刻まれている。
 

素朴な道標。
「右地下みち 左り下ノせきみち」
 

旧道にかぶさるように立つ大きな木。

街道沿いの民家。


集落の奥にある棚田。うしろに海が見えるのである
が、逆光でかすんでいた。


Index   Next