萩往還

                         Index  Next

明木市(あきらぎいち)から佐々並市へ 2003.8.22
E-100RS
                                                   


明木市の町並み。ここは、赤間関街道との分岐する宿駅で、今は旭村の中心部、村役場もここにある。
現在は萩市に統合。

萩往還の完成と共に、明木市も佐々並市も宿場町として、また市の町(商店の並ぶ町)として栄えた。両市の家並みは現在とほとんど同じであったが、明木市は明治24年の大火で焼失し新しく建てられたし、佐々並市もほとんどの家が改築されているので、かつての面影をとどめていない。〜旭村HPより引用


一升谷入口。右手の塀の上に石の道標がある。
「右せき道 左山口道」


一升谷の石畳。石畳の保存状態がよい。


釿切(ちょうきり)集落にある復元された中ノ峠一里塚。


展望所から見た釿切集落。見えている道が萩往還。



落合川に架かる長さ約2.4mの落合の石橋(江
戸後期、登録文化財)。
草木が邪魔して横から撮れなかった。



佐々並市の町並みの北にある佐々並市一里塚跡。
2015/3/2 K-7


佐々並市は重要伝統的建造物群保存地区に指定され、萩市で4番目の重伝建地区となった。
2015/3/2 K-7


「はやし屋」では佐々並豆腐の料理が食べられる。