平戸街道

Index Next
(2)佐々〜早岐  
                                            
●佐々から佐世保へ
佐々の先で国道から離れるが、本山で合流し国道に着かず離れずに進む。佐世保の手前で国道から離れ山側にそれる。
                                         

東光寺は15世紀半ば平戸藩主松浦氏によって創建された。

東光寺境内から佐々の家並みを見る。
                                      

三柱神社の鳥居は元禄元年(1688)のもの。

社殿天井の絵馬は明治10年(1878)ごろの完成。
                        

榎のそばに口石一里塚跡。
左側の石垣のところに塚があったそうだ。

相神浦本陣跡の吉村家。1階の屋根の上の看板には中里宿本陣跡と書かれている。
以前の写真を見ると、煉瓦塀は右へ伸びていて門があったが、取り壊されていた。
                          

左石。近くの山から落下したもので、道路改修よって小さくなった。

西蓮寺の眼鏡岩。

●佐世保から早岐へ
佐世保の先で国道と合流し、早岐まで国道の山側に沿って進み、早岐で国道と合流する。
                                             

佐世保の高台の住宅地にある山祇神社。
樹齢700年以上といわれるクスノキがある。

脇崎一里塚跡。
道路改修前の昭和45年(1970)頃には榎が茂り茶屋があったという。
                           

戸ノ上石畳。70cm×40cmくらいの砂岩。

早岐本陣跡。村上病院に本陣の門が残っている。

早岐瀬戸。

Index Next