日田往還

Index Next
(4)本耶馬渓町 2011/5/13
*istD
 
●曽木トンネル
旧耶馬渓鉄道の素掘りの曽木トンネルをぬけて国道を横断する。

●羅漢寺橋
やがて、大正9年(1920)建造の3連アーチ羅漢寺橋に達する。この橋は大分県指定文化財。
 


●青の洞門
国道をはずれ山国川沿いの道を進むと、川のむこうに青の洞門が見えてくる。
青の洞門は今から250年ほど前の江戸時代中期に、30年をかけ僧禅海によって掘られたトンネルである。
                                          

競秀峰を背景にした若山牧水歌碑には歌が2首刻まれている。

手前に青の洞門、そのむこうに
競秀峰
                                                     
安芸の国 越えて長門に またこえて 豊の国ゆき ほととぎす聴く   ただ恋し うらみ怒りは 影もなし 暮れて妻籠の 欄に倚るとき
                                              

青の洞門は山国川沿いの岩壁に約340mにわたって掘られている。

●耶馬渓橋
国道に合流し山国川を渡ると左手に、大正12年(1923)建造の日本最長の石造アーチ橋・8連の耶馬渓橋が見える。
大分県指定文化財。下の写真は、コンクリート補修されている1連を画面に入れずに撮影した。

                                     

●仏崎トンネル
山国川を渡って国道から離れ、国道に再び合流した先に、耶馬渓鉄道の仏崎トンネルがある。このトンネルのすぐ先で三光村に入る。

Index Next