日向往還

Index Next
(2)御船町 2011/11/13
K20D
                                                  
●今城
御船川沿いを進んできた日向往還は今城橋で左折する。交差点角に自然石の道標がある。
                                                   
←花壇の中の道標には左やべ右かうさと刻まれている。

今城の民家。

●門前川
県道221号線に沿って東へ進むと門前側に架かる眼鏡橋がある。文化5年(1808)、楔石工法で建造された。



●古閑迫(こがのさこ)
県道221号にそって東へ次第に山中へと入ってゆく。古閑迫の五里木跡の碑から右へ一旦旧道に入る。
道路に沿って水路がある。これが江戸時代に築かれた嘉永井出だろうか。
                                                        

●八勢
茶屋本で県道221号からそれて右へ。その角に道標がある。さらに進むと、八勢の眼鏡橋と石畳がある。
ここから2kmほどで山都町旧矢部町に入る。
                                                      

山村風景。

八勢への分岐点の道標。左あそ 右やへ

以下は2011/1/23取材 K10D

八勢の石畳道は、日向往還のハ勢川にかかるハ勢目鑑橋から続く坂道にある。
                                                                      

ハ勢目鑑橋を西側から。正面に石畳道への石段が見えている。

南側から。
                                                                                                    

北側から。

南側下から。
                                                                                              

ハ勢目鑑橋は安政2年(1855)の建造。手前は水路橋で、水路をまたぐ小さなアーチがあり、これらが石でつながれている。 


橋碑とその先に句碑がある。 
秋風や日向へつづく石畳


この石畳道は整然としていて美しい。
                                                                     

橋をふり返る。

角が丸くなっているのは歩行による摩耗だろうか。

Index Next