■Index  Next

唐津街道

筑前肥前国境〜今は福岡佐賀県境   04.2.15
E-100RS
    


従是東筑前國、小川中央境

国境石は福岡佐賀の境界にあり、国道から筑肥線の線路を渡り、細い坂道を登った小川の真ん中に立っていた。


この画面の右手前に登り口がある。
 
 
 海岸には、大きな石を積み上げた形
 の高さ4mくらいの包石(古くは鼓
 石)があったが、今は上の部分が転
 げ落ちていた。

 この石は、古歌にも詠まれている。
  名にし逢う響の灘の白波は
  鼓の石におとつるるなり