Index  Next

唐津街道

木屋瀬から赤間へ〜赤間道をゆく 2003.7.14
E-100RS
    


長崎街道木屋瀬宿南構え口の唐津街道との追分
にあった道標。右赤間、左飯塚の文字が見える。
現在は、木屋瀬宿記念館内に保存されている。
 

長崎街道から福岡や唐津へ行くには、黒崎から底井野往還を通って赤間で出るルートと、木屋瀬から植木を通って赤間へ出るルートがあった。

木屋瀬からのルートは、遠賀川を渡り、植木宿を経て、六反田で底井野往還と合流し赤間に達する。木屋瀬には宿場町の面影があるのに、川を渡った植木には宿場町の形跡がほとんどない。途中の永谷や中の尾の集落には、旧街道の匂いがわずかに残っていた。



木屋瀬興玉神社前の遠賀川旧渡し場付近。

 

永谷旧道の家並み。

中の尾集落の家並み。