熊野古道

Index Next

高野坂こうやざか   2018/5/21
K-7/16-85
    

熊野古道の高野坂はJR紀勢本線三輪崎駅の北方にある。

北から行くと、逆川を渡るあたりから始まり、近くを走る紀勢本線の電車の音と熊野灘の波音を聞きながら峠を越えて、塩谷川を渡るあたりで終わる。

所要時間は歩くだけなら約30分であるが、撮影時間などを考慮すると約50分かかる。

参考サイト 熊野古道高野坂ウォーキングマップ

 
 高野坂で見た白百合の花がきれいだった。


北の県道からの入口。高野坂まで300m。


高野坂登り口。近くにトイレがある。


坂道にさしかかるところで、寄り道をして左手に紀勢本線沿いの道を進む。


紀勢本線・御手洗トンネルの隣に新宮鉄道の煉瓦トンネルが残されている。


御手洗の念仏碑。中央の地蔵は1672年の建造。江戸時代初期から約350年、高野坂を行く人々を見守っている。


念仏碑の前から、王子ヶ浜が見える。


孫八地蔵。銘はないが、江戸時代初期の造立とされている。


石垣のむこうに緑のトンネル。午後5時、夕暮れが近づいていて薄暗い感じだった。
高野坂は、このあたりから下り坂となる。


細かく敷き詰められた石畳が美しい。


高野坂降り口。


県道への出口を県道から振り返る。


■Index ■Next