Index Next

 熊野古道

滝尻王子〜野中 牛馬童子に会う 03.9.19
E-100RS
    

大阪天満橋から続く中辺路の長い道のりも、田辺で大辺路と分かれて、いよいよ、深い山に分け入ってゆく。滝尻王子は熊野の入口とされ、かつての旅人たちは、ここで身支度を整えて熊野本宮大社をめざした。

滝尻王子の少し手前には、清姫伝説の地があり、清姫の里として親しまれている。この旅では、清姫の里で一息入れてから、熊野古道に入った。

 

 
 清姫の墓の近くにある清姫茶屋。

清姫が水浴びをしたという冨田川の清姫淵。

    
●滝尻  
 藤原秀衡が建立したといわれている滝尻王子。

秀衡の子がこの岩から滴る乳を飲んだという。

滝尻王子は、国道311号線と371号線の分岐点にある。神社の左手が熊野古道の入口で、すぐに急峻な山道となる。乳岩までは約100mであるが、かなりきつかった。

国道371号線をはさんで向かい側に、熊野古道館があり、熊野古道関係の資料が展示されている。



 

    
●高原
 
 熊野古道現存最古の建築・高原熊野神社。

 

熊野古道「霧の里」休憩所。

休憩所からの棚田のながめ。

高原は標高350mくらい、国道から見える右手の山並みの稜線に熊野古道がある。

滝尻王子からは約2時間の道のりであり、急登のあとに開ける展望は気持ちがいい。
















 

    
●箸折峠  
近露王子付近から見る日置川の流れ。

逢坂峠のピークを越え、少し下ると、箸折峠にさしかかる。箸折峠のシンボルは牛馬童子。峠の木漏れ日の下に立つその愛らしい姿はいつまでも見ていたい気持ちにさせ てくれる。

峠を下ると、日置川の対岸に近露王子のある集落が見えてくる。近露王子は、禊の場として重要な位置を占めていたとのこと。

石仏セレクション/牛馬童子


 

    
●野中
 
  野中の一方杉(樹齢約千年)

お休み処「とがの木茶屋」。

秀衡桜。

熊野古道は、野中付近では旧国道に沿うように走っている。旧国道沿いには、日本名水百選の「野中の清水」があり、そこから少し登った所に熊野古道がある。

 
 熊野古道にも真っ赤な彼岸花




 


Index Next