Index Next

 熊野古道

熊野速玉大社〜熊野那智大社 大門坂を登る    関連サイト 那智の滝 03.9.19/21
E-100RS
    

熊野本宮に参拝した人々は、熊野川を船で下って、熊野速玉大社のある新宮へ向かった。

熊野速玉大社からは熊野灘沿いを南下し、北上してきた大辺路と合流する現在の那智駅付近から北西へ、熊野三山の最後、熊野那智大社をめざす。



 

 
 無人駅となった那智駅に併設されている温泉
 「丹敷(にしき)の湯」入浴料600円。

那智駅に停車中の普通列車。
 

    
●熊野速玉大社

熊野速玉大社は、神倉山にまつられていた大神を移したのがはじまり。神倉山を元宮、この地を新宮と呼ばれるようになった。

境内の東端に、佐藤春夫邸が移築され、記念館となっている。






 
 
 熊野速玉大社。

ナギの大樹/樹齢約1000年/国指定。

    
●神倉神社

神倉神社は熊野速玉大社の元宮であり、ゴトビキ岩を見てみたいと思い、急勾配の石段をやっとの思いで登った。

入口の鳥居のあたりで会った女性二人は、石段を登るのにかなり苦労していて、結局登るのを断念したようだ。地元の人は慣れていて高齢な人でも軽快に登ってゆく。

ゴトビキ岩は巨大なもので、ビキと言われるように、かえるが座っている様によく似ていた。

















 
    
    入口の鳥居からすぐに急勾配の石段。

 
 神倉神社とゴトビキ岩。

このような急勾配の石段を登るの
は、はじめてだった。神社までは
538段。雨ですべりやすかった。


 

    
●浜の宮王子、補陀洛山寺

海岸から離れて熊野那智大社へ方向転換をする地点に、浜の宮王子がある。かつては、那智山に参拝する前に、このあたりで、潮で身を清めたと言われている。

浜の宮王子の隣には、 極楽浄土を求めて、船を漕ぎ出した上人たちの出発点となった補陀洛山寺がある。





 
 
 浜の宮王子(浜の宮大神社)。

補陀洛山寺。

    
●大門坂

今は、那智熊野大社の近くまで車道があるが、旧道は大門坂バス停付近から西へ入る。

入口付近に夫婦杉があり、杉木立の中を石畳が延々と続く。古道に残る日本最長の石畳ではないだろうか。

















 
 
 大門坂入口にある樹齢約800年の夫婦杉。

大門坂の石畳。

    
●熊野那智大社

大門坂を登り切っても、まだ石段は続く。みやげ物屋さんが並ぶ石段を500段近く登って、やっと玉砂利が敷かれた熊野那智大社の境内にたどり着く。










 
 
 熊野那智大社。

樹齢約800年の那智のクス。


06/10/18 *istD


Index Next