熊野古道

Index Next

二木島にぎしま峠〜逢神坂おうかみざか   2011/5/25
K10D
    

ガイドブックを見ていて、石畳が多いこと、所要時間が2時間ほどであること、両端に紀勢本線の駅があることに魅力を感じた。さらに調べていると、国道311号線にバスが走っていることが分かった。

東側の登山口である二木島峠登り口バス停付近に車を置いて、二つの峠を越え西側からバスで引き返して来ることにした。

二木島峠登り口を10時40分に出発し、反対側に降りたのが12時45分だった。元の場所に戻るためのバスの時刻まで30分くらい時間があったので、新鹿(あたしか)の海をぼんやりながめながらすごした。

峠は8割以上石畳だったが、杉の人工林の中なので、杉の枯葉が石畳をおおっていた。また当日は天気がよすぎてまだらな陽射しになり撮影条件はよくなかった。石畳を美しく撮るには曇り日が適している。

    逢神坂峠から新鹿への石畳道→

 

●二木島峠へ
                                   

二木島峠登り口バス停そばの石段が入口。

石段を登ると説明板があり、古道はむこうへ続いている。
                                       

すぐに石畳がはじまる。
                                                

石垣の祠、巡礼者の供養墓か?

石組の橋。

 
変化に富んだ石畳道がつづく。
                                             

登り口から30分で二木島峠。

●逢神坂峠へ
二木島峠から逢神坂峠までは緩やかなアップダウンで、石畳のない区間がある。
                                         

美しい石垣のそばを行く細い道。

「庄五郎・善吉」の地蔵は江戸時代末期の建立。
                                             

ここにも石組の橋。石畳道へと連続している。

美しい造形の石畳の坂道。
                                     

二木島峠から25分で逢神坂峠に到着する。

●新鹿へ
逢神坂峠から新鹿へはほぼ下り。下り坂が苦手な筆者は、峠から新鹿側の登り口まで50分かかった。
                                       

美しい石畳道がつづく。

新鹿側の登り口付近。




新鹿海水浴場の海。近くに真新しい津波避難タワーがあった。高さ海抜
12m、定員80名。安政東海地震津波では8〜10mだったという。



天保2年(1831)建立の巡礼道標。熊野市指定文化財。
右なち山 左いせ道 右側にもすぐいせ道


Index Next