Index Next

長崎街道

石坂〜石坂を登って銀杏屋で一休み 2001.4.17,19
E-100RS
  

nagasaki-isisaka1.jpg (99737 バイト)
木屋瀬の「みちの郷土史料館」の壁に
描かれた江戸時代の石坂の想像図。

木屋瀬から黒崎へ向かい、石坂橋を渡ってすぐの所に急坂がある。当時、大名も駕篭から降りて歩いたというほど急勾配の坂道で、坂を登りつめて150mほど行くと、大名、奉行などが休憩した立場(たてば)茶屋がある。

石坂にある茶屋は、庭に銀杏の大木があることから、銀杏屋と呼ばれた。銀杏屋は、梁などにケヤキの巨木をふんだんに使った質の高い町屋建築である。文久9年(1812)、伊能忠敬も、測量の際にここに立ち寄った。

庭の銀杏は、樹齢300年から350年で、幕末に火災を受けたが、株から芽が出て大木に成長したとのことだ。
  
nagasaki-isisaka2.jpg (116850 バイト)
北九州市指定文化財の銀杏屋。
nagasaki-isisaka3.jpg (51835 バイト)
銀杏の古木。
nagasaki-isisaka4.jpg (58278 バイト)
手すりがある「石坂の急坂」

nagasaki-isisaka5.jpg (41360 バイト)
銀杏屋の梁には巨木を使用。