Index Next

長崎街道

曲里の松並木〜筑前六宿(むしゅく)の基点・黒崎宿 2001.4.17
E-100RS


nagasaki-magari1.jpg (104473 バイト)
高さが2mを越える立派な石碑。


長崎街道の筑前領内には、六つの宿場があった。これを筑前六宿と言い、黒崎、木屋瀬、飯塚、内野、山家、原田である。黒崎は、筑前六宿の基点となる宿場だった。

黒崎宿の南に、600mにわたって600本の松並木がある。かっては、松並木が次の宿場・木屋瀬まで続いていたとのことであるが、今では、ここにしか残っていない。

現在の松はほとんどが植え替えられたもので、江戸時代のものは数本を残すのみである。北には黒崎の繁華街があり松並木に平行して近くに国道200号線が走っている。この並木道に入ると、都会の喧騒が松にさえぎられ、静かな落ち着いた気分にさせてくれる。
    
nagasaki-magari2.jpg (68598 バイト) nagasaki-magari3.jpg (63684 バイト) nagasaki-magari4.jpg (56962 バイト)
松並木の北端。 中央の木は江戸時代のもの。 松並木南端に幸神(さいのかみ)