Index Next

長崎街道

松原〜 大村湾岸をゆく 2003.4.18
E-100RS

彼杵宿、千綿宿、松原宿にかけて、長崎街道は大村湾岸を走っている。山間部の宿場から海へ出ると、
南国の光は明るく、開放的な気分になる。昭和7年、種田山頭火もここを歩いた。「大村湾は美しい。
海に沿っていちにち歩いた。どこもうつくしかった。」と行乞記に書いている。


鹿の島。島の形は昔と同じだろうが、今は、温泉施設が建っている。


五色石垣の家。旧大村藩内でよく見かける。


庄屋屋敷跡に建つ小学校の石垣は当時のもの。