日光街道

日光街道杉並木

日光街道は江戸時代に整備された五街道のひとつ。日本橋から宇都宮までは奥州街道と
共通で、日光山への参拝道であり、江戸時代初期に杉並木が整備された。
Index Next
2014/10/9 EOS 5D

JR今市駅付近に駐車場がなかったため、日光市役所に駐車させてもらい、日光市役所から大沢並木入口までバスで向かった。

今回歩いたのは、大沢宿にある並木寄進碑から今市宿の例幣使街道との追分までの約9kmで、約2時間半かかった。


並木寄進碑は、江戸時代はじめに松平正綱が杉並木を植栽して東照宮に寄進したことが記された石碑。


杉並木は119号線であるが、車は新道を走るので、旧道へ入ってくる車は少ないし、一部は進入禁止になっている。


ほとんどが舗装されているが、森友の旧道は砂利道で、両側の溝に水が流れている。

 
森友の砂利道にある七本桜一里塚跡。杉の空洞には4人くらい入れることから、江戸時代には旅籠杉と呼ばれ、今は並木ホテルと呼ばれている。


今市の追分。左が日光街道、右が例幣使街道、中央が追分地蔵尊。
例幣使街道にも杉並木がある。


追分地蔵。高さ2mほどの大きな地蔵。
制作年代は不明だが、江戸時代にはすでにあったようだ。