西国街道

戻る
(3)山崎〜京都  
                                          
●山崎宿 10/3/15 K10D
京都府と大阪府の境界は、かつての摂津国と山城国の境界であった。境界には「従東山城国」と刻まれた国境石柱が残っている。
街道は大きく右にカーブして、その先で左にカーブし、山崎宿の中心部へ入ってゆく。
                                                                               

国境の少し手前にある関戸明神。

国境をすぎた先にある離宮八幡宮。

●長岡天満宮

八条ヶ池という大きな池の真ん中に参道がある。参道の途中から見える水上の建物群は錦水亭の東屋。
錦水亭は時代劇のロケによく使われるという。
                                                                                      

池にかかる石橋。

菅原道真公をまつる本殿。

●向日むこう

向日神社の石畳の長い参道。

本殿と舞楽殿。

醤油の製造・販売を営んでいた須田家住宅「松葉屋」

坂道にある民家。勾配調整のため石垣が組まれている。

●桂川

桂川にかかる久世橋。

久世橋から上流を見る。

●羅城門跡

羅城門跡入口の矢取地蔵堂には江戸末期造立の常夜灯と道標。

花園児童公園の中に「羅城門遺址」の碑。

羅城門は平安京のメインストリートである朱雀大路の南端に設けられていたので、ここが西国街道の東の始点と考えるのが自然である。
羅城門から東寺までは300mほど。東寺は羅城門をはさんで東西に建立されたときの東の寺である。したがって、少し広く考えれば、
東寺を西国街道の始点と考えてもよいのではないか。羅城門跡があまりにも寂しいのに対して、東寺は当時は堂々としている。

●東寺 世界遺産 真言宗総本山 教国護国寺

                                                

立体曼陀羅が安置されている講堂。

金堂から講堂を見る。

金堂の木組み。

南大門。


戻る