山陽道

Index Next
板倉〜一宮 06.1.22
06.12.4 *istD
    
●板倉
新庄から東へ、山陽自動車道をくぐり、矢部を経て、真金十字路で国道180号線とクロスして板倉宿に入る。
    

真金十字路付近の道標。

文化4年(1807)の常夜灯が残っている板倉宿の中心部。

    
●吉備津
吉備津駅の手前で踏切を渡り、少し進むと国道180号線と合流して、備中から備前へ入る。
    

吉備津駅の後方は吉備津神社の森。

真金一里塚跡は国指定史跡。

備前と備中の国境石。

    
●吉備津神社
真金一里塚跡の少し手前に、吉備津神社への松並木の長い参道がある。
    

吉備津宮の扁額。
おとずれたときは、国宝の本殿は修復中だった。
 

長い回廊。

    
●一宮
山陽道と合流した国道180号線を道なりに2kmほど進むと一宮。ここには吉備津彦神社がある。
    

備前一宮駅のホームにある石棺の蓋。なぜこんなところに。

吉備津彦神社随神門は元禄10年(1697)建立。

Index  Next