山陽道

Index
玖珂〜小瀬 05.2.4-5
PENTAX*istD
    
●玖珂
北に山陽新幹線、南に山陽自動車道、その間には岩徳線と国道2号線、これらと並行に旧山陽道は東へ進む。
    

●欽明路
旧山陽道は欽明路峠にさしかかる。峠の手前に、欽明寺など歴史を感じさせるものがある。
    

周防源氏 武田屋敷跡。

欽明天皇ゆかりの伝説が残る欽明寺。

●柱野
欽明路峠を越えて岩国市へ入りると柱野。
    

千体仏。795体が現存、江戸中期の作。

夕暮れの柱野宿。

●岩国
柱野の先で、北へ御庄を経由するルートと東へ岩国を経由するルートに分かれる。御庄には旧街道をしのべるものは残っていない。
東へ進み道祖峠を越え、錦川を渡って岩国の町へ入る。
    

錦帯橋と岩国城。

香川家長屋門。

●関戸
岩国から錦川沿いに北上すると関戸に達する。
    

旧関戸庄屋屋敷。

関戸本陣の土塀。

●小瀬
小瀬峠を越えると小瀬。狭い峠越えの県道は結構交通量が多い。県道に絡みながら旧道も残っている。
    

小瀬峠の旧山陽道碑。碑のむこうに細い道がある。

小瀬の渡し場跡付近の説明板と吉田松陰の記念碑。

Index