山陽道

梨ヶ原〜揖保川   Index Next
07.12.3-4 *istD
    
●梨ヶ原
船坂峠を下ると梨ヶ原の集落。すぐ近くを山陽本線が通っていて、山里にエンジン音を響かせて通り過ぎて行く。
    

集落の真ん中あたりに小さな地蔵がまつられていた。
 

土蔵のある風景。

船坂神社の常夜灯。後ろには塗装の真新しい土蔵。
 

船坂神社の備前焼の狛犬。

船坂神社社殿の絵馬「源平布引滝

    
●西有年(うね)
梨ヶ原の「宿」という集落から真東へ有年峠を越え、坂折池のそばを通って西有年の集落に至る。
    

山陽道は坂折池を左から右へ通っている。

立場跡(三村家)、向こう側の建物。

    
●東有年
国道2号線を横断して東へ進み、再び国道2号線と交差する。このあたりが東有年。千種川を渡るとJR有年駅がある有年横尾。
    

大庄屋有年家(ありとしけ)の長屋門。

坂の上になんとも風情のあるお堂が見えた。
    

八幡神社の大灯篭。

有年番所跡。
    

JR有年駅前。手前は国道2号線。

JR有年駅付近の有年村道路元標。

    
●若狭野
山陽道は矢野川沿いを進み、国道2号線と交差して若狭野に入る。
    

天満神社社殿前には菅公一千年祭記念碑。

社殿内には金色で描かれた絵馬。菅公と梅の絵柄。

    
●原
相生を過ぎ龍野に入ると、揖保川町原。
    

荒神社絵馬「源平ひよどり越え」、昭和51年奉納。

旧片島本陣跡。

明治14年銘の大きな地蔵。

●正條
龍野駅前を過ぎると、揖保川町正條。山陽道はここで揖保川を渡る。
    

本陣井口家。中央の石碑は「明治天皇御駐駕所碑」

浄栄寺の門はかつての龍野城大手門。

Index  Next