山陽道

Index   Next
小月〜吉田 04.7.15
PENTAX*istD
    
●小月

小月に入り、見回り通りを経て本町通りと交差す
る。手前が見回り通り、信号があるのが本町通り。
山陽道はここを直進し、国道491を横断して、
さらに進めば、吉田へ通じる県道に出る。

左の写真の交差点にある道標。
「左とよたへ 右かみがたへ」

本町通りの民家。

    
●吉田
木屋川沿いに北上し、木屋川を渡った先が吉田宿。ここには高杉晋作ゆかりの東行庵があり、何度か来たことがある。
明治期の大火で焼失したため古い建物は残っていないが、旧街道の雰囲気は感じられる。
    

御茶屋(藩公館)、勘場(代官所)跡付近の土塀。

山陽道と萩街道の追分道標。

道標の先にある民家。

    
●蓮台寺峠へ
山陽道は、吉田から南東の蓮台寺峠へ向かって山中へと入って行く。蓮台寺峠を越えると山陽町福田。
    

昔の山陽道の庚申塚越しに現代の山陽道を見る。

山陽自動車道をくぐった先に追分がある。
左の2車線の道は常関寺へ。
右の細い道が山陽道、軽自動車がやっと通れ
るくらいの道幅。蓮台寺の下へ通じている。
小さな道標が立っていた。拡大写真→

左川久保 右蓮台寺
    
山陽道から徒歩10分登ると蓮台寺、山の中の静かなお寺。境内からは小月方面の町並みが遠くに見える。
千年以上の歴史をもつ古刹で、花山天皇(984〜986在位)が自ら作り安置したといわれる十一面観音座像は年に1回開帳される。
    

竹林の中をゆく石畳の参道は、哲学の道と
名付けられている。

蓮台寺本堂、右手奥に十一面観音堂がある。
現在は無住のようである。

標高290mの蓮台寺山へは約20分。
山頂付近の大岩の上に不動明王像が立つ。

Index   Next