山陽道

Index   Next
新庄〜糸崎 05.12.17
*istD EOS20D
    
●瓦坂峠
西条で国道2号線を離れた旧山陽道は、松子山峠の先で国道2号線と出会い、国道432号線を横断して新庄の瓦坂峠にさしかかる。
    

東大坂 西廣島 南竹原 北三次

寛政七年(1795)銘の雨乞い地蔵。

まだ陽射しがまわっていない瓦坂峠から振り返る。
はるか下にかすかに民家が見える。

    
●南方
瓦坂峠を下ってしばらく進むと南方。このあたりには古墳がたくさんある。
    

南方神社の二本松古墳石棺と寛政九年銘の石灯篭。

御年代みとしろ古墳には石棺が二つ。
    

旧南方村役場。

梅木平ばいきひら古墳は奥行きが13mあり、とても広い。

    
●本郷
山すそから沼田川を渡り、本郷宿に達する。本郷宿の道は狭く、あいにくの雨で散策がままならなかった。
    

甑天満宮下の甑霊泉碑。

菅原道真公手堀りの井戸。

沼田川の右手に古高山城址、左手に新高山城址。

    
●三原城下
旧山陽道は沼田川沿いを東へ。新倉で左折して三原城下へ入る。
    

道をはさんで、明治期の道しるべ(左)と大正期の道しるべがある。

堀と石垣が残っている三原城址。
    
和久原川水刎みずはね

和久原川には三角形の石垣がある。
川の流れを弱める役目と流れの方向を変えて三原城の
用地を確保するために設けられたと考えられています。

    
●糸碕神社
三原を出た旧山陽道はほぼ国道2号線に沿って進み、糸崎からは海辺をゆくと糸碕神社に達する。
    

糸碕神社は天平元年(729)の創建であり、神功皇后伝説が残っている。

クスノキは樹齢約500年(三原市指定)
    

この神門は三原城内の侍屋敷門を移築したもの(三原市指定)。

神功皇后にこの井戸の水を献上したと伝えられる御調井みつぎい

Index   Next