山陽道

Index   Next
高畑〜草津 05.12.14-15
*istD EOS20D
    
●高畑
大野浦の先で山陽新幹線の下をくぐり、山すその道をゆくと高畑。このあたりには、「歴史の散歩道」の案内板がたっている。
高畑のため池の100mほど先の、高庭駅家(たかにわのうまや)跡には山上憶良の歌碑がある。
    
文政8年(1825)の地誌に載っている灌漑用ため池。
中山にたつ今川貞世歌碑。
とにかくにしらね命をおもうかな
わが身いそぢにのおほの中山

むかしたれかげににもせんとまく椎の
おほの中山かくしげるらん

 

●四郎峠
高畑の先で峠道にさしかかる。山陽自動車道をくぐると四郎峠。峠をくだって再び山陽自動車道をくぐると津和野分かれに達する。
ここから津和野街道が分岐している。津和野街道もいつか歩いてみたい。
    

四郎峠の宮内・大野村境碑。

津和野分かれ付近の夜泣き石。

地御前じごぜん
旧山陽道は、山陽本線宮内串戸駅の少し手前で南へ宮島街道が分岐している。この道は、地御前神社や厳島神社への参詣道である。
ちょっと寄り道をして地御前神社をたずねた。
    

散髪屋さんの前にある広島道の道標。

地御前神社前の海の風景。
    

●廿日市
宮島街道の分岐から2kmほどで廿日市。旧山陽道は民家が密集した中を東へ、広島電鉄宮島線に着かず離れずに草津へ進む。
せっかく廿日市へやってきたので、まず広電の廿日市駅をたずねた。
    
    

かつての山城跡にたつ廿日市天満宮。

正蓮寺の梵鐘。高浜虚子の句「結縁は疑も無き花盛」
    

津和野藩船屋敷跡。

桜尾城跡(今は桂太郎を顕彰した桂公園)近くの街道松。

●草津
草津本町あたりは道幅が狭く駐車スペースがなく、かなり離れたところに駐車した。町並み散策の途中で、2組の町並み散策グループに出会った。草津から北東に進むと西広島。放水路の太田川を渡ると広島城下に入る。
    

大釣井と呼ばれている古井戸。

明治天皇行幸記念碑。

旧街道は草津で2回、広電を横断する。
    

旧街道の風情を強く感じさせる小泉酒造。

和風建築の隣には瀟洒な洋館。

Index   Next