島原街道

吾妻‣愛野   Index
2018/3/2-3  K-7

■守山大塚古墳 航空写真→雲仙市HP
旧街道から南へ300mほど離れるが、旧街道からも見える古墳があり、立ち寄ってみた。
島原半島唯一の前方後円墳で、全長約70m、長崎県内最大級の古墳である。建造年代は4世紀前半と考えられている。
この古墳の上にはたくさんの墓が建てられ、墳丘全体が墓地として利用されている。今まで、こんな古墳を見たことがない。



旧街道は干拓地沿いの道を西へ進み、愛野町に入る。

■あい娘(あいむすめ)酒造
千鳥川のそばに酒造場がある。1873年に島原で創業し、70年ほど前に愛野に移ったという。



■光西寺通り
千鳥川を渡ると旧街道らしい町並みに入る。


光西寺。


光西寺通りの民家。

■愛野駅前から土居口番所跡へ


島原鉄道愛野駅。かつての雲仙鉄道の起点・愛野村駅跡。


愛野のマンホールには、Amenity Land と刻まれている。


温泉神社の前が旧街道。


藩境の少し手前にある土居口番所跡。かつての島原藩の関所跡。

■佐賀藩諫早領との藩境へ
雲仙鉄道跡をたどり、山王神社へ。伊能忠敬も坂本龍馬もここを通った。


雲仙鉄道愛津駅跡を通る。


島原街道の終点付近にある山王神社。