津和野街道

戻る
(5)廿日市市 2011/7/3 K10D  参考サイト ウォーキングコース佐伯編   比丘尼ヶ渕  
                                                                                           
●松ヶ峠を越えて
生山峠を下って、中道(なかみち)から悪谷(あくたに)へ松ヶ峠へ向けて再び勾配を上げる。
悪谷から約1kmで松ヶ峠、ここからひたすら下って行く。途中から渓流沿いの道となり、観音滝をはじめ滝音が響く。
ところどころに石畳がよく残っているが雨上がりなのですべりやすい。観音堂をすぎると、やがて国道186号線に合流する。 


松ヶ峠への分岐点。正面が歩いてきた中道、手前が悪谷、左が松ヶ峠。


川を渡って松ヶ峠へ。
                                                               

観音滝は、松ヶ峠から1.2kmのところにある。
ところどころに道標があるので目標となり助かる。
道標は真新しいので最近立てられたものであろう。


石畳が残る渓流沿いの道を進む。ところどころに、「くまに注意」の標識。


                                                                                 

津和野街道の説明板。ここにも「クマに注意」

大きな岩が祀られている観音堂。

●津田から河津原へ
国道186号線から県道30号線に入り、ほぼ県道に沿って東へ進む。やがて、津田宿に着く。 


                                                                                               

西福寺門前の十王堂。
鍵がかかっていて中が見れなかった。
十王信仰は鎌倉時代に広まったとされている。
閻魔大王と10人の裁判官が冥土への旅を裁く。
津田から東へ3kmほど進むと河津原。
正念寺付近の分かれ道には道標が残っている。

左つわのみち 右おおむ志みち

●明石峠(汐見坂峠)
ほぼ県道30号線に沿い明石峠に向かってゆるい勾配を上って行く。峠の頂上付近がかつての峠村と宮内村の境界で、石碑が立っている。
ここから急な下りで、坂を降り切った先で旧山陽道と合流する。 合流地点が津和野分かれで、実質的な津和野街道の起点である。 


村境碑。


明石峠・汐見坂峠の碑。
 
2009年1月4日からはじめた津和野街道の旅は、1年後の1月4日に再開し、2011年7月3日に完結した。
2年半越しの飛々の街道探訪であったが、都市部を通らない津和野街道は自然が豊富で、とても楽しく豊かな時間が持てた。

戻る