津和野街道

戻る次へ
(4)錦町 2011/7/3 K10D  
                                                           
●宇佐郷峠(うさごうだお)を越えて
久しぶりに津和野街道へ戻ってきた。前回は2010年1月4日、周防石見国境の雪の峠で終わっているので1年半ぶりである。
この日は梅雨空、小雨模様の天気だった。
宇佐郷峠の降り口には石畳の道があり、右手に願行寺の大きな屋根と大イチョウを見ながら下る。
すぐに川を渡って再び山中へ入る。山を越えると山間の宿場大原である。 


雨にぬれた石畳。

願行寺の大きな屋根。妻には龍の鏝絵が描かれていた。


門前には大イチョウ。

●大原宿
かつての本陣の面影を残す旧大原村庄屋讃井(さぬい)家。付近には、讃井家の土蔵をふくめ鏝絵が描かれた土蔵がある。

                                                                                    

讃井家の巾着の鏝絵。

これは桃をデザインしたものだろうか。

龍の鏝絵。

一重咲きのくちなしの花。

●島の谷
街道は生山(なまやま)峠に向けて勾配をあげて行く。勾配がきつくなったあたりに島の谷の集落があり、さらに坂道を登ると大原明神社がある。
島の谷は長州と安芸の国境付近にある集落で、「口屋番所」という物資を取り締まる番所があったという。

                                                                                         

大原明神社への道。

大原明神社。鳥居の向こうに大杉が見えている。

●生山(なまやま)峠
大原明神社から杉林の山中を進み、県道119号と合流する。羅漢山の山麓を通りやがて生山峠に達する。

県道119号との合流地点。木の道標には、津和野街道大原宿、生山峠の文字が見える。


生山峠。


街道沿いには昭和初期建立の地蔵が点々と置かれている。

戻る次へ