山代街道

戻る次へ
(2)福栄村 09/2/8 K10D/*istDS2  
                                                                   
●松本峠
萩市から松本峠への道を辿ろうとしたが、草茫々で道がよく分からなかった。
峠の頂上は福栄村との境界近くにあるので、福栄村側から松本峠をたずねた。

松本峠の福栄村側入口。

峠にある石仏。土に埋もれていて、ちょっと無気味。

峠から見た棚田と民家。

街道は民家の上方を通って下って行く。


峠を下る途中で国指定重要文化財の森田家が見える。
                                                          




森田家は江戸末期の上層農家で、今でも住居として使用されている。

●福井市
街道は県道11号線と合流し、県道と着かず離れずしながら、福栄村の中心部・福井市に達する。

福井市の町並み。右手の建物が代々庄屋を務めた旧岡家で、約200年前の築造とされている。

●榎屋の地蔵
街道はひなびた風景の中を東へ進む。榎屋地区の地蔵を見て、さらに東に進む。
県道から南東へそれるとむつみ村に達するが、2kmほどですぐに阿東町に入る。

願行寺前の地蔵。造形が美しい。

禅昌院前の灯篭と地蔵。

戻る次へ