logo-hoyo.gif (3864 バイト)

       hoyo-sata.JPG (205514 バイト)
       佐田岬燈台から佐賀関を望む。
              左が高島、中央の船は佐賀関からの国道フェリー。
              94/2/6 Pentax67/105mm

  大分県の佐賀関半島から愛媛県の佐田岬半島までは約14km、海峡の最大水深は約195m。
  この豊予海峡を橋かトンネルで結ぼうという運動が、中国・四国・九州の西瀬戸7県と経済団体で
  組織する「豊予海峡ルート推進協議会」によって展開されている。

  フェリーで渡れば1時間10分、待ち時間30分を含めると1時間40分。、仮に橋が出来れば
  20分もあれば渡れる。しかもフェリーのように運行時刻に制約がないので、その利便性は大きい。

  わたしは、たまにしか利用しないので、橋やトンネルよりも、海峡の風景をゆっくり楽しみながら
  フェリーで行く方がいい。

  豊予海峡は、佐賀関と佐田岬間の狭い海域であるが、ここでは、少し範囲を広げて豊後水道の一
  部として、豊予海峡を見てみたい。

      xbotan-maru.gif (934 バイト) 佐賀関から佐田岬へ  xbotan-maru.gif (934 バイト) 海峡周辺の燈台  xbotan-maru.gif (934 バイト) 海峡周辺の近代建築

     海峡散歩