豊予海峡をゆく 海峡周辺の燈台

       hoyo-bungosuido.JPG (189284 バイト)
       
大分県鶴見半島から見た豊後水道、対岸の島や四国の山並みがかすんでいる。
               
94/8/16 CanonT90/300mm×2

   豊予海峡を含む豊後水道には島や岩礁が少なく、海岸線も入り組んでいないので燈台はあまり設
   置されていない。その中でも、鶴見半島周辺は燈台が多い。

   この海域を代表する燈台は、明治37年建造の水ノ子島燈台である。他の燈台は、交通量の増加
   にともなって、いずれも戦後に建造されたものである。

   これらの中から、水ノ子、鶴御埼、先ノ瀬、元の間、そして対岸の日振島の燈台を紹介する。

hoyo-otokonominato.JPG (56947 バイト)鶴御崎には、鳥羽一郎の唄でヒットした
演歌『男の港』の歌碑が立っている。
2番の歌詞に、水の子島燈台が出てくる
が、ここでは燈台を「あかり」と読む。

 躍る銀鱗 しぶきの華に
  親父ゆずりの 腕が鳴る
 照らせ男の この晴れ舞台
  ありがとう 水の子の燈台
 豊後鶴御崎 男の港

       
           hoyo-mizunoko.JPG (162915 バイト)
           豊後水道のど真ん中に立つ水ノ子島燈台 95/8/7 NikonF4s/24-50mm

       hoyo-sakinose.JPG (198324 バイト)
       
鶴見半島と水ノ子島燈台との間に大きな岩があり、右の岩に先ノ瀬燈標が立っている。
       
95/8/16 CanonT90/135mm

       hoyo-turumi.JPG (237267 バイト)
       鶴見半島パノラマ展望台からの眺望、鶴御埼燈台が海に映えて美しい。
       
94/8/16 CanonT90/85mm

          hoyo-motonoma.JPG (212473 バイト)
          鶴見半島と大島との間の海峡、元の間燈標が立っている。
         
95/8/7 NikonF4s/24-50mm

           hoyo-hifuri.JPG (195310 バイト)
           霧にかすむ日振島燈台、ここは宇和海。 94/9/4 CanonT90/300mm