海峡散歩(14) 北九州市・矢筈山(やはずさん)

   風師山と矢筈山は親子のように並んでいる。風師山が362mに対して、矢筈山は266mで100m近く
   も低い。矢筈とは、矢の上端の弓の弦を受ける部分であるが、なぜこのような名前が付いたのであろうか。

   標高が手頃だからであろうか、日清戦争のときに陸軍が山頂に堡塁(ほうるい)を築いた。堡塁とは要塞のこ
   とである。白煉瓦の当時の建物が残っていて、今はキャンプ場になっているが、建物だけを見ていると不気
   味な感じがする。


    sanpo-yahazu1.jpg (126385 バイト)  sanpo-yahazu2.jpg (121488 バイト)
    公園に置かれたリアルな表情のたぬきの彫刻。  福岡県森林浴百選のプレート。

    sanpo-yahazu3.jpg (108158 バイト)  sanpo-yahazu4.jpg (147324 バイト)
    旧陸軍矢筈堡塁跡の施設。           鮮やかな黄色のキジムシロの花。

    キジムシロ【雉蓆】 バラ科キジムシロ属の多年草。山野に自生。高さ約30cm。葉は叢生、
              3〜5枚の羽状複葉で粗毛がある。小葉は大きさ不同で長楕円形。春、
              分枝する花茎を出し、イチゴに似た黄色の5弁花をつける。