海峡散歩(29)

下関市・四王司山 2000/12/4 FinePix

   1863年、関門海峡で外国船との戦いがはじまった。串崎城が海岸に近いため危険を感じた
   長府毛利藩は、山手の勝山へ城を築いた。勝山御殿と呼ばれるこの城は、60余りの部屋を持
   ち、わずか7ヶ月で築かれた。

   勝山御殿の立派な石垣が残るあたりに、標高392mの四王司山への登山口がある。山頂まで
   は約40分、山頂には神社があり、展望所は3分ほどくだった所にある。

     sanpo-sioji1.jpg (125074 バイト) sanpo-sioji2.jpg (103624 バイト)
     勝山御殿の石垣。              落ち葉の登山道。

     sanpo-sioji3.jpg (80624 バイト) sanpo-sioji4.jpg (93804 バイト)
     展望所の石像。     祠が立つ展望所。当日は視界がよくなかった。