海峡散歩(5)   下関市・彦島竹ノ子島

 本州の西端・関門海峡に向って垂れ下がるようにのびているのが彦島。彦島と本州は2つの橋で結ばれている。
 彦島の西にあるのが竹ノ子島。下関市彦島竹ノ子島は、彦島とは竹ノ子島橋という小さな橋で結ばれている。

 竹ノ子島と入江を挟んだ対岸には、ふぐの水揚げ日本一の南風泊(はえどまり)市場がある。竹ノ子島で目立
 つのは、西岸の台場鼻潮流信号所と東岸の関門造船である。西岸から北岸にかけては、美しい海岸風景が展
  開されている。沖に目をやると、六連島(むつれじま)、馬島が見え、若松から小倉に至る北九州工業地帯も指
 呼の間である。

 sanpo-take1.jpg (58310 バイト)
 
小倉の日明港と彦島の荒田港を
  15分で結ぶ関門海峡フェリー。
  なぜか、出航の際に「夏の日の恋」
  が流れる。
    
sanpo-take3.jpg (219552 バイト)
竹ノ子島の西南端の台場鼻には潮流信号所があり、明治33年(1900)建造の煉瓦積みの台場鼻灯台が立っている。海岸の岩には、溶岩が冷えた時にできた小さな穴があいていて、ゴツゴツとして歩きにくい。

このあたりは、関門海峡の中で最も美しい海岸風景を見せてくれるが、海岸には発砲スチロールやプラスチック容器などのごみが打ち上げられ、海の汚れが気にかかる。
           
 sanpo-take2.jpg (52017 バイト)
 彦島と竹ノ子島との間に架かる竹ノ
  子島橋。小さな橋の下を漁船が通る。
       

■■■ 竹ノ子島ウォッチング ■■■

sanpo-take4.jpg (42033 バイト) sanpo-take5.jpg (57480 バイト) sanpo-take6.jpg (62778 バイト) sanpo-take7.jpg (49404 バイト)

竹ノ子島橋の親柱

竹ノ子島の岩盤

ふぐのイラストの蓋

煉瓦塀のある道

 sanpo-take8.jpg (118359 バイト) sanpo-take9.jpg (171116 バイト)
 竹ノ子島の西岸から北九州工業地帯をのぞむ。   竹ノ子島北端から。このあたりに来ると少し波が荒くなる。
 背後の山は八幡の皿倉山。                  左手は六連島、右手に見える山並みは豊浦町あたり。