海峡散歩(68)

藍島東海岸を歩く

真昼に干潮をむかえた日、港から車道を歩いて北端の千畳敷へ。千畳敷から海岸沿いの岩伝いに南端の瀬崎まで。所要時間約3時間。この日は黄砂の影響か視界がよくなかった。
 06.4.24 *istD
     

13基の古墳が残る貝島。右手に座礁船が見える。

中央に姫島、左に座礁船、右に大藻路岩灯標。

ひょうたん型のくぼみ。

くぼみの水溜りに落ち椿。

入江にある美しい砂浜。

しかし、岸はゴミだらけ。ハングル文字のボトルも。

東海岸には美しい入江が4か所くらいある。

この入江も美しい。

岩の上の奇妙な造形。

大泊漁港の埠頭に整然と並べられていたタコツボ。

海岸には釣り人。

六連島がかすんでいる。

砂浜に貝殻で描かれた文字。

最南端、瀬崎の海岸。


海峡散歩|次へ|