桂の木のある森へ



糸井の大カツラ(05/4/22 兵庫県朝来市和田山町/伝承樹齢2000年/国指定)

桂は好きな木のひとつである。桂と漢字で書くのが桂の姿をよく表しているように思えるのでタイトルは桂としたが、一般的にはカツラとカタカナで書かれている。

したがって、以下では一部の例外を除いてはカツラと書くこととした。

カツラは、一里四方の水を集めるという。事実、カツラのすぐそばには水が流れていることが多い。もちろん、水の流れから離れているカツラもある。

また、カツラは豊かな森の奥にある場合が多く、カツラのある森への道をたどるのはとても楽しい。








 
   

  since 2017/11/6