桂の木のある森へ

九酔渓のカツラ

  大分県九重町田野/樹齢200-300年
 
2013/5/30 EOS 5D/24-105


豊後中村駅付近から九州横断道路の長者原に通じる県道40号線、九酔渓の十三曲がりの坂道に差し掛かる少し手前に立っている。
カツラの木の前には、九酔渓入口という日田バスの停留所がある。雨にぬれた緑がみずみずしく、カツラを見るには一番いい季節。
今は十三曲がりの坂の途中に桂茶屋があるが、かつては、このカツラの木の少し下流に桂茶屋があったという。
したがって、このカツラの木は旧桂茶屋のカツラともよばれている。

    

桂茶屋の前に若いカツラの木がある。本格的な秋にむかって、黄葉が始まっていた。2015/9/15


[桂の木のある森へ][次へ]