古寺巡礼 両子寺 06/2/13 *istD 古寺巡礼
両子寺は、富貴寺と並んで、国東半島ではよく知られた寺である。したがって、観光客も多い。最近、両子トンネルが開通し、行きやすくなった。

筆者の知っている限りでは、国東で拝観料を徴収しているのはこの2か所の寺院のみである。京都や奈良の寺院では、駐車料金を入れ、1000円〜1500円くらいになるが、国東では駐車場は無料で、拝観料も200円と非常に安い。

朱塗りの無明橋を渡ると石造の仁王像が立っている。その先に石段がのびていて、山門が見える。山門の先の参道左手が境内で、本殿の護摩堂などがある。さらに直進すると奥の院への道につづく。

千徳坊の鬼橋付近からが奥の院への道で、急な石段を登り林間を進むと、前方の崖下に、奥の院の本殿が見えて来る。ここからさらに山へ入れば、「お山めぐり七不思議」という針の耳、百体観音などがある。


足の悪い人は仁王の足をさすって下さい、と書いてある。


護摩堂。二童子を脇侍とした不動明王が安置されている。


今は通行止めになっている千徳坊の鬼橋。

奥の院本殿。朱塗りの欄干があざやか。

古寺巡礼