古寺巡礼 般若寺 06/10/11 *istD 古寺巡礼

コスモスの中にたつ阿弥陀石仏。後ろでは金木犀が匂っていた。

般若寺といえばコスモス、関西花の寺第17番札所で、コスモス寺ともよばれている。

コスモスの咲く頃に行ってみたい、コスモスの中に立つ石仏を撮りたいと長い間思っていた。その思いがようやくかなった。

当日は朝から雨で、午前中は斑鳩をまわって、
般若寺に着いたのは1時半頃だった。雨は小降りになっていた。平日で雨にもかかわらず、コスモス目当ての人たちで結構にぎわっていた。

雨の日を選んで来たわけではないが、日が差していないため、ほとんど光線の方向を気にせずに撮影できたし、石仏に影が出ないのでいい感じに撮れた。

境内の西国三十三所観音は元禄16年(1703)に造立されたもの。

 

                      

国宝の楼門越しに十三重石宝塔(重文)を見る。

重文指定の2基の笠塔婆。









古寺巡礼