古寺巡礼 長谷寺 10/3/22 K10D 古寺巡礼

長谷寺は、西国三十三観音霊の第八番札所。全国に300か寺あるという長谷寺の総本山であり、3000もの末寺を持っている。

ここは古くからの聖地で、源氏物語、枕草子、万葉集にも登場する。花の寺としても知られていて、廊下周辺に咲く牡丹は特に有名である。

長谷寺へは3度訪れている。1度目は牡丹と石楠花が咲いていた。前回の2003年は桜が満開で、今回も桜の時期で、満開の少し前だった。

長谷寺の魅力は、花はもちろんであるが、仁王門からつづく階段のある屋根付き廊下(登廊)で、廊下の尽きるところに本堂があり、高さ10mを超える巨大な長谷観音が安置されている。本堂の舞台から見た境内の風景も素晴らしい。


関連サイト
長谷寺公式ホームページ

                          

参道入口。

仁王門前。
                         

高浜虚子句碑。花の寺 末寺一念 三千寺

登廊の両側が牡丹畑。
                              

登廊の真ん中あたりから西側を見る。まるで城のようだ。

本堂から五重塔を見る。
                          

西参道から国宝の本堂を仰ぎ見る。

古寺巡礼