古寺巡礼 観音寺かんのんじ   2012/10/4
K20D
古寺巡礼

村上市内を北へ向かっているときに、風情のある門が目に付いた。一旦通り過ぎたが気になって引き返した。
入口にある説明板には次のように書かれていた。
この寺には日本最後のミイラとして知られている仏海上人の即身仏が安置されています。
上人は村上の生んだ高僧で、この寺の住職として生涯を布教と社会奉仕につとめられ、明治36年に76歳で入寂されました。
ご遺体は昭和36年に遺言にもとずいて発掘したものです。
次の予定がありミイラを拝観する時間がなかったので、境内を少し見て回った。奥に仏海上人の墓所があった。


本堂。


仏海上人の墓。

古寺巡礼