古寺巡礼 清水寺 2018/4/4
EOS 5DV/24-105
  古寺巡礼

最澄が唐からの帰り、有明海東方の山中に美しく輝く光を見る。
光を求めて、一羽のキジに案内され、山中に分け入ったところ、苔むしたネムの霊木に出会い、その木に千手観音を刻んだ。
そして大同元年(806年)にお堂を建て、その観音を祀ったのが清水寺の起源とされている。


参道で見かけた六地蔵。


本堂側から見た仁王門。


分岐点にたつ道標。
直進すれば本堂。右へ進めば清水公園で、車で行ける。


芭蕉甍塚。ほとんど読めないが芭蕉の句が刻まれている。
観音の甍見やりつ花の雲 深川の芭蕉庵から浅草寺の方を眺めた句。


黒い山門と緑の若葉の対照が美しい。紅葉の頃もきれいだろう。


本堂。




三重塔と散りはじめの桜。

古寺巡礼