古寺巡礼 虚空蔵尊   09/4/19 K10D 古寺巡礼

正式名称は福満虚空蔵尊圓蔵寺。
茨城県東海村の大満虚空蔵尊、千葉県天津小湊町の能満虚空蔵尊と共に日本三大虚空蔵尊の一つに数えられている。
弘法大師が唐の高僧から霊木を授かり、帰国後にその木を三つに分かち海に投げいれたところ、茨城、千葉、柳津に流れ着いた。
霊木漂着の知らせを聞いた大師は、その木で虚空蔵尊菩薩を刻んだという。
                

仁王門の大わらじ。

左手に舞台を持つ本堂。
                 

赤べこ発祥の地のシンボル・開運大撫牛。

奥の院弁天堂。

古寺巡礼